> コラム > 屋根貸し太陽光発電の法的リスク 解決法

屋根貸し太陽光発電の法的リスク 解決法

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

屋根貸しの太陽光発電ビジネスには、様々な法的リスクが存在する。そうしたリスクを回避するためには、何が必要なのか。陥りがちなトラブルのパターンを解説し、適切な対処法を解説する。

「屋根貸し」による太陽光発電事業が広がっている。屋根貸し事業者は、物件の所有者から屋根を借りて太陽光発電パネルを設置し、売電収入を得る。一方、物件の所有者は、屋根の賃料を得られるメリットがある。しかし、そこには様々なリスクがあり、最悪の場合には事業が破綻する恐れもある。

早稲田リーガルコモンズ法律事務所の弁護士、水上貴央氏は、法的リスクとして、3つの側面を挙げる。

(※全文:2,500文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

水上 貴央(みずかみ・たかひさ)氏
水上 貴央(みずかみ・たかひさ)氏
早稲田リーガルコモンズ法律事務所 パートナー弁護士。NPO法人再エネ事業を支援する法律実務の会代表、再生可能エネルギー推進に関する政府や自治体の委員等も務める。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.