> コラム > 電力協議後の「力率指定」を回避する対処法

電力協議後の「力率指定」を回避する対処法

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電が急速に普及し、多くの事業者がビジネスに参入している。そのため、配電線のキャパシティの問題など、ビジネスを取り巻く環境は刻々と変化しており、現場では様々な問題が発生している。明電舎の長谷川氏に電力会社との協議におけるポイントを聞いた。

― 電力会社との協議において、現在大きな問題になっていることを教えてください。

現在、太陽光発電に関する事業主と電力会社の協議において、散見されている問題点として多く挙がっているのが、“事前協議後でも、力率指定が行われる”という問題点だ。電力会社と、事業主の事業計画をもとに行われる事前協議の段階では、力率について何も話がないにも関わらず、約21万円もの金額を支払って本協議を進めていく段階で最終的に力率指定という条件が出てくる。

(※全文:2,538文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.