> コラム > 太陽光発電事業者が陥りやすい土地トラブル対策

太陽光発電事業者が陥りやすい土地トラブル対策

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

制度の改正や新たな法の施行など、ますます活発化する太陽光発電事業。 多くの再生エネルギーの事例に携わってきた弁護士の江口直明氏(ベーカー&マッケンジー法律事務所パートナー)に、地目ごとの特徴や陥りがちなトラブル、また今後の太陽光発電の可能性についてうかがった。

近年、需要の一途をたどり、市場が本格的に拡大してきた太陽光発電。土地の転用申請、設備調整、着工とスムーズに進むケースもある一方で、土地にまつわる環境や法律、権利、地主との契約といった複雑な要素が絡み合うがゆえに、問題やトラブルが増加しているのも事実だ。

そのような事態を回避するため、かつ事業や地域の活力向上を後押しするような制度の改正や、後に詳述する「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律(以下「農山漁村再生可能エネルギー法」)」という新たな法律が2014年5月1日に施行された。

(※全文:5,613文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.