> コラム > ドイツ太陽光発電プラントとO&Mの実態
太陽光産業の今と未来

ドイツ太陽光発電プラントとO&Mの実態

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2012年7月の全量買取制度が開始されて2年が経過。実際に運転が開始された太陽光プラントで様々なアクシデントの発生、様々な業者がO&M関連ビジネスへ参入、と運営サイドでも注目を集めている。そこで、私の最終連載の記事として、ドイツ太陽光のO&M関係者(Reniva社 以下R社: ドイツ南部バイエルン州、greentech社 以下G社: ドイツ北部ハンブルグ)よりO&M事業の生の声(実体験)を聞いてみた。なお私の質問(Q1-Q16)に対する下記回答は彼らの主観的な見解・経験ですので、正誤を問うものでは無く、あくまでご参考用としてお読み下さい。

Q1.太陽光プラントのO&M契約をするにあたり、太陽光プラントの所有者がO&M契約を行うことになった主な理由は何か?

(※全文:3,008文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

太陽光産業の今と未来 バックナンバー

この記事の著者

土肥 宏吉(どひ・こうきち)

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社 代表取締役

一橋大学商学部卒。遠心分離機メーカーの巴工業株式会社にて、調達・海外市場開拓・海外プロジェクト営業等に従事、その後ドイツ・ミュンヘンにて太陽光関連企業を設立・経営。日本帰国後の2012年7月ドイツ太陽光最大手であるSolarWorld社の日本総代理店ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション社を設立。2014年4月、独立系O&M会社で世界No.1の独greentech社と業務提携を開始。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.