> コラム > 全世界平均、約10%のモジュール初期不良の衝撃
太陽光産業の今と未来

全世界平均、約10%のモジュール初期不良の衝撃

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電プラントの顔ともいえる太陽光モジュール。施工費までを含めたコスト構成では、モジュールの占めるコストは日本では約三分一から半分、ドイツでは約60%を占める。(2014年前半のドイツのkWp辺りのコスト。モジュール 77,679円、パワコン12,330円、架台11,097円、ケーブル9,864円、施工12,330円。合計123,300円。)

2014年6月にドイツでの発表で、1.5GW(125箇所)の大型プラントのうち約20%で深刻なトラブルが発見され、そのうち約25%はモジュール起因、との事。(ついで約18%は設計起因、14%はケーブル、14%はパワコン&接続箱。)単純計算すると20%×25%=5%の確率でモジュールに深刻なトラブルが発見される、という事になる。別会社の調査統計資料(調査対象モジュールメーカー約200社、枚数は20万枚以上)では、全世界平均で約10%のモジュールで初期不良がある、というレポートもある。この5%または10%のモジュール不良率に関して注意点が2つある。

(※全文:2,449文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

太陽光産業の今と未来 バックナンバー

この記事の著者

土肥 宏吉(どひ・こうきち)

ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション株式会社 代表取締役

一橋大学商学部卒。遠心分離機メーカーの巴工業株式会社にて、調達・海外市場開拓・海外プロジェクト営業等に従事、その後ドイツ・ミュンヘンにて太陽光関連企業を設立・経営。日本帰国後の2012年7月ドイツ太陽光最大手であるSolarWorld社の日本総代理店ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション社を設立。2014年4月、独立系O&M会社で世界No.1の独greentech社と業務提携を開始。

記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.