> コラム > ソーラーシェアリングの活用アイデア 養殖や牧畜など、様々な分野に

ソーラーシェアリングの活用アイデア 養殖や牧畜など、様々な分野に

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

人は直射日光が当たらない木漏れ日が差す林に入ると、ホッと寛いだ気持ちになれるが、植物も同じだ。

たとえばブナ林の中には豊かな植生が広がり、その多様な植物の下には菌類、昆虫、小動物が暮らす生態系がつくりだされる。同じように太陽光パネルの角度を調整すれば、木漏れ日の下でのようにシイタケの原木栽培や薬用植物を育てることができる。

いま大学や研究施設では、ソーラーシェアリングを用いた、そうした付加価値の高い植物の栽培法の研究も盛んに行われている。

(※全文:682文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.