東京都・豊島区が重視した新電力の選択基準、契約時における3つのポイント

  • 印刷
  • 共有

豊島区では、本庁舎を含める区内60箇所(2014年10月時点)の公共施設に東京エコサービス株式会社(東京都港区)とプレミアムグリーンパワー株式会社(東京都千代田区)、2社の新電力を採用している。CO2削減・省エネを全面的に推進する豊島区の新電力導入の背景を聞いた。

豊島区役所(豊島区東池袋)では、「豊島区役所環境配慮ガイドライン」において、庁舎職員のCO2削減・省エネ行動について定めて取組んでいる。また、取組みを効果的・効率的に進めるため、環境省が策定した「エコアクション21」の認証を取得し、環境マネジメントシステムに基づき取組みを推進している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報