> コラム > 日本初 横浜スタジアムの屋外ナイターをLED化

日本初 横浜スタジアムの屋外ナイターをLED化

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

横浜スタジアムは15年開幕シーズンから、これまでのメタルハライドランプによるナイター照明設備を高効率の高演色形LED投光器660台に切り替えて使用する。プロ野球で屋外ナイター照明をLED化するのは日本初。

ハイビジョン撮影に対応

既設の照明は高効率メタルハライドランプ1500Wによる投光器306台と、高演色メタルハライドランプ402台の合計708台。今回LED化したことにより器具数量を減らしながら試合に必要な照度を確保でき、総消費電力の56%を削減する。

★本記事は3月16日発売 季刊「環境ビジネス」2015年春号にも掲載されています。
【特集】住宅向け太陽光発電 需要拡大と対策

雑誌も届く、環境ビジネスお得な3大購読特典が付いた
プレミアム会員の登録はこちら

(※全文:1,118文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.