> コラム > 補正省エネ補助金の余波

補正省エネ補助金の余波

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回のコラムで取り上げた「平成26年度補正予算 地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金」が瞬く間に終了した。今回の目玉であったA類型の実施期間・・・なんと3月15日より4月22日時点で終了。予想を大きく上回る活況ぶりだ。

ただし、各メーカー及び業界関係者内ではこの結果に対して波紋を呼んでいる。その理由としては、今回の申請(A類型)の手順は下記の手順が必要になる。お客様導入設備の検討及び現地調査・お客様内諾・性能証明書の発行依頼・捺印資料作成相見積もり・交付申請書提出等々。

(※全文:1,892文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

福井 彰次(ふくい・しょうじ)

株式会社GNE取締役

1983年大阪府生まれ。現・株式会社GNE取締役。環境・省エネビジネスにおいて省エネ補助金コンサルティングを市場内にていち早く着手し様々なメーカーや販売店へより実践的なサポートを行い、毎年100件を超すコンサルティングを行い類型クライアント数は500件を超す実績を持つ。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.