> コラム > エネルギーは「地産地所有」の時代へ

エネルギーは「地産地所有」の時代へ

海外に続き日本各地でも始まった、地域エネルギー会社設立のムーブメント。その設立のために必要な資源や枠組みは何か。環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が解説する。

昨年12月5日、非常にショッキングな出来事がありました。ドイツの4大電力会社のうち、売上高18兆円と最大の規模を誇るエーオン(E.ON)が、会社を2016年に「エーオン過去社」と「エーオン未来社」に分割するというニュースです。過去社は石炭火力と天然ガス、原子力発電を担当し、未来社は再生可能エネルギーを担います。そして、将来的に過去社は売却し、再生可能エネルギー事業に集中するということです。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.