> コラム > 照明のLED化、都内事業所のCO2削減に大きく貢献

照明のLED化、都内事業所のCO2削減に大きく貢献

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

東京都が取り組んでいる環境対策の中で、照明のLED化がCO2削減に大きく貢献している。都内の対象事業所のCO2排出量について、2010年度から4年連続で削減を続け、2013年度は基準年度比23%の大幅削減に成功した。

世界初の都市型のキャップ&トレード制度

キャップ&トレード制度は、年間のエネルギー使用量が原油換算で1,500kl以上の大規模事業所を対象にCO2削減を義務付けた「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」のことで、2010年4月にスタート。国内初のキャップ&トレード制度であると同時に、大都市に集中するオフィスビル等の業務部門も対象とした世界初の都市型キャップ&トレード制度でもある。

(※全文:2,399文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.