> コラム > 震災から生まれたハイブリッドBCP 蓄電も省エネもこなし工場のコスト削減

震災から生まれたハイブリッドBCP 蓄電も省エネもこなし工場のコスト削減

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プラントや産業設備向けの制御システムの技術を活かし、製造工場やオフィスビルのBCP対策に緊急時の電力自給を可能とするマイクログリッドシステム(MGS)を開発した。EMSの導入からMGSまで設備を段階的にカスタマイズして省エネ化を図りながらBCPを策定できる。

地震などによる停電で工場への電力供給がストップすると、製造ラインの停止だけでなく制御機器がダウンし、復旧までに多くの時間がかかる。またコンピュータルームはサーバーの停止で重要なデータが消失する恐れもある。 

緊急時の電力自給はBCPでライフラインを担う重要な役割を果たすが、中小規模の工場やオフィスでは対策の遅れも目立つ。

(※全文:2,510文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.