> コラム > 「行動観察」のノウハウを省エネビジネスに水平展開

「行動観察」のノウハウを省エネビジネスに水平展開

オフィスビルなど業務部門の省エネはエネルギーを削減すればそれで終わりというわけではない。多くの人たちがそこで活動していることを考えると、大切なことは省エネと人々の快適な空間をいかに両立させるか、である。大阪ガスは行動観察によってその実現を狙っている。

外勤者の身体をクールダウンさせる部屋

行動観察の手法が最初に導入されたのは大阪ガスの北部事業所である。顧客の営業、保守サービスなどを担う、この地域の拠点である。ビルは5階建。延床面積は約6000平方メートル。約300人の従業員がここで働いている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.