> コラム > 事件の判例に見る産廃関連訴訟の傾向と留意点(前編)

事件の判例に見る産廃関連訴訟の傾向と留意点(前編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

環境保全への法的対応が重要な社会的課題となっている中、上智大学法科大学院では、「上智大学法科大学院 環境法政策プログラム(SELAPP)」を開設。SELAPPが主催するSophia Ecology Law Seminarでは、研究者だけでなく行政書士や自治体職員なども登壇し、実務者からの具体的な事例の報告を通じて、現行の廃棄物処理法がどのような制度上・運用上の課題を抱え、どのような方向に改正されるべきかが多角的に検討されている。

産廃に対する監視の目、厳しく住民とのコミュニケーションがカギ

民事訴訟

産廃関係の民事訴訟として最もシンプルな構図は、住民vs処理業者。住民が原告で処理業者が被告となるケースだ。 民事訴訟には大きく二つのタイプがある。一つめは、損害を被ったから賠償金を払えという、損害賠償請求訴訟。もう一つは、「産業廃棄物処分場の設置、建設、操業をするな」という差止訴訟だ。

(※全文:1,923文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ