> コラム > 地域と一体になり省エネとBCPにとりくむ

地域と一体になり省エネとBCPにとりくむ

エコと非常時の対策を結びつけたecoBCPを提唱し、得意分野のエネルギー制御技術で建物単体から街区までスマート化を進める。建設会社ならではの視点が新たな安全・安心の都市をつくる。

省エネ技術に実績を持つ清水建設は、長年にわたり温暖化防止対策や省エネルギーを目的に『eco』を事業領域のテーマの1つとして取り組んできた。しかし東日本大震災でBCPの大切さを強く感じ、災害時の安心・安全を常時より考えていくことの重要性を再認識した。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.