> コラム > 2014年度、モジュールの国内出荷量、過去最高を記録

2014年度、モジュールの国内出荷量、過去最高を記録

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電協会(JPEA)の調査で、2014年度の太陽電池モジュールの国内出荷量は、前年度比8%増で、過去最高となったことがわかった。非住宅用は前年度比17%増であったが、住宅用は、前年度比17%減となった。 を発表した。概要は以下のとおり。

JPEAは、太陽電池の日本における2014年度第4四半期(2015年1月~3月)および2014年度の国内における太陽電池出荷量を調査した結果を発表した。概要は以下のとおり。

(※全文:929文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ