> コラム > 2014年度、モジュールの国内出荷量、過去最高を記録

2014年度、モジュールの国内出荷量、過去最高を記録

太陽光発電協会(JPEA)の調査で、2014年度の太陽電池モジュールの国内出荷量は、前年度比8%増で、過去最高となったことがわかった。非住宅用は前年度比17%増であったが、住宅用は、前年度比17%減となった。 を発表した。概要は以下のとおり。

JPEAは、太陽電池の日本における2014年度第4四半期(2015年1月~3月)および2014年度の国内における太陽電池出荷量を調査した結果を発表した。概要は以下のとおり。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.