> コラム > 世界最大規模の水上設置型メガソーラー発電所稼動開始

世界最大規模の水上設置型メガソーラー発電所稼動開始

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

京セラTCLソーラー合同会社(本社:東京都千代田区)は、兵庫県加東市の西平池と東平池において、水上設置型太陽光発電(兵庫・高岡西水上メガソーラー発電所、兵庫・高岡東水上メガソーラー発電所)を開設、3月30日より売電を開始した。西平池に建設された太陽光発電施設は、約1.7MWで水上設置型では世界最大規模。水上設置型太陽光発電所は、水上に設置することにより、冷却効果が得られ、地上置き型・屋根置き型と比べ、高い発電量が期待できる。

(※全文:316文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.