> コラム > 植物工場で生産された野菜、機能性表示食品制度で追い風

植物工場で生産された野菜、機能性表示食品制度で追い風

現在では、工場で生産された野菜はその品質の高さが評価され、多くの青果バイヤーやシェフから支持を得ている。今後は本技術によりさまざまな機能性野菜や医療機関向け野菜の開発を進めていくという。

4月に開始した「機能性表示食品制度」は、企業の責任でトクホのような健康機能を表示できるもので、生鮮食品も届け出の対象。栄養や成分の優れた食品が注目される中、有機や特別栽培の農産物など安心食品を宅配する野菜通販大手のオイシックス(東京都品川区、代表・高島 宏平氏)は、この制度をきっかけに高機能野菜を集めた「きくベジ」のネット販売コーナーを開設した。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.