> コラム > 接続未締結メガ・高圧PVは50%超えも 電力各社の接続状況

接続未締結メガ・高圧PVは50%超えも 電力各社の接続状況

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

改正再エネ特措法(FIT法)による備認定制度の変更で、電力各社は太陽光発電設備の申し込み受付を急ぎ、接続契約を締結してない発電事業者に対し一様に6月30日までの申込書類提出を求めた。

駆け込み申請増加で混乱必至

予測されていたとはいえ5月25日の成立により電力各社は慌ただしい動きを見せている。17年4月1日の施行まで9カ月を切ったが、受け入れ側の電力会社は駆け込み申請で検討期間がタイトになることを訴える。

電力会社はどこも異口同音に、発電設備の規模や系統連系の地点によっては検討に要する期間が異なるため、期日に限らず、速やかに提出して要望している。

(※全文:1414文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.