> コラム > 2017年度のエネルギー政策動向 概算要求5つのポイント 前編

2017年度のエネルギー政策動向 概算要求5つのポイント 前編

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

8月31日で各省庁の概算要求が出そろった。

環境・エネルギー分野に関連するところは、経産省、環境省、国土交通省あたりだが、中心になるのは、経済産業省の資源・エネルギー分野だ。全文は28ページあるので、関心ある方は是非目をとおしていただきたい。環境ビジネスオンラインコラムでは、経産省の中でも資源・エネルギー関係の概算要求について、ポイントをみていこう。

概算要求5つのポイント

経産省の平成29年度概算要求の中で、資源・エネルギー関係予算は、9140億円になる。これは、平成28年度当初予算8,384億円と比較すると756億円ほど多い予算になる。概算要求のうち、実際に予算化される割合から考えると、想定内の要求額といえるだろう。

編集部では、下記5点に注目したので、それを解説していく。

(※全文:2052文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.