> コラム > 分散型、自家消費型へ移行していく中で生まれるビジネスチャンス ーVPPー

分散型、自家消費型へ移行していく中で生まれるビジネスチャンス ーVPPー

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

東日本大震災以降、太陽光発電をはじめとした分散型のエネルギーリソースが増えている。分散したエネルギー資源をいかに有効に組み合わせ、省エネとセットで考えていくかが、今後の課題。そこで注目されるのが、VPP(バーチャルパワープラント)事業における、ERAB(エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス)だ。

今後も太陽光の導入拡大は必至

スマート社会へ向けた研究拠点である早稲田大学スマート社会技術融合研究機構(ACROSS)は、2016年1月、産学主体のエネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス・フォーラム(ERABF)を立ち上げた。

(※全文:2723文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.