> コラム > これからの太陽光発電に求められるのは、発電設備の産業価値の適正評価

これからの太陽光発電に求められるのは、発電設備の産業価値の適正評価

日本の将来のエネルギー供給源を考えると、既に稼働している再エネの発電所には、FITが終わっても投資が更新され、30年、40年と長期にわたり安定した電力を供給し続ける発電施設としての役割が求められている。

既にトラブルを抱えた発電施設も多い

投資や特別償却制度(特償)の利用目的で、これまで全国各地に乱立した太陽光発電施設。当初の目的が達成されたら終わりではなく、発電設備は稼働し続けなければならない。そのためには制度面も含めた環境整備も重要になる。

今回の制度改正では、メンテナンスが義務付けられた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.