> コラム > 頑強な作りに井戸など、防災拠点としても力を発揮するソーラーカーポート

頑強な作りに井戸など、防災拠点としても力を発揮するソーラーカーポート

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

道の駅「どまんなかたぬま」(栃木県)は、道の駅としては全国初となる屋根にメガソーラー機能を備えた大規模駐車場が8月に完成。敷地面積12,000平方メートルに駐車台数350台分の屋根付き駐車場を建設。出力は1.1MW。最大の特長は、広域の災害時に防災・避難拠点として活用できる造りになっている。

栃木県佐野市にある、道の駅「どまんなかたぬま」(代表篠原敏秀)では、道の駅としては全国初となる、屋根にメガソーラー機能を備えた大規模駐車場。8月に完成、9月より売電事業を始めた。

(※全文:3824文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.