> コラム > 植物工場輸出も視野に

植物工場輸出も視野に

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

野菜などの農産物を、天候などに左右されず計画的に安定供給できる植物工場。2011年に93件だった植物工場の数は、今では400以上に拡大。異業種参入も相次いでおり今後の広がりにも期待が高まるが、初期投資の回収や黒字化、人材確保など課題も多い。経済産業省に、植物工場に関する取り組みについて話を聞いた。

収益性の確保に課題

植物工場は、クリーンな施設で栽培環境をコントロールし、農産物などの安定供給を目指した新しい農法で、日本では平成18年頃から徐々に増えている。

(※全文:2657文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.