> コラム > 富士通のデータ解析型農業

富士通のデータ解析型農業

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

富士通が植物工場事業に参入したのは2014年1月。半導体事業の統廃合が進められ、グループ会社が所有する会津若松市の半導体工場に遊休建屋が発生した。その有効活用法を検討することになったのがきっかけだ。

富士通が追及する高度なICTと農業を融合させる植物工場事業の可能性などについて話を聞いた。

(※全文:2166文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ