> コラム > VPPの最先端、ドイツの展望と課題

VPPの最先端、ドイツの展望と課題

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

センサーとITを駆使して数多くの機器を集中的に管理するバーチャル発電所。

分散型の再エネ電源が大量に設置されているドイツでここ数年俄然注目を集め始め、数多くのビジネスが誕生している。ドイツはVPPに何を期待しているのか、VPPの展望と課題に触れる。

VPPは何ができるのか?

太陽光を取り入れたドイツ最初のバーチャル発電所(VPP)は、マンハイムの都市公社MVVが運営するVPPで、2013年1月1日にPVが接続された。

(※全文:3560文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.