> コラム > 新たな可能性を提案したインターソーラーヨーロッパ2017

新たな可能性を提案したインターソーラーヨーロッパ2017

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今年もミュンヘンで開催されたインターソーラーヨーロッパ2017。直前のソーラーワールド倒産のニュースの影響か、例年ほどの活気が感じられなかったが、新たな可能性を提案する企業の熱はこれまでにも増して感じられた。

蓄電池、セクターカップリング、O&Mを含む効率的な設備運用の提案など、成熟した太陽光発電技術に追いつこうとする技術の勃興は将来の希望を感じさせていた。

工事用車両もスマート化が進んでいる。

工事用車両もスマート化が進んでいる。

(※全文:1984文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ