> コラム > 欧州ブルー経済の発展は日本にとってチャンスか(前編)

欧州ブルー経済の発展は日本にとってチャンスか(前編)

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「ブルー経済」とは、魚介類、石油・ガスなどの鉱物資源、海運・港湾、観光といった海洋資源に加え、バイオテクノロジーや再エネの潜在力にも注目した経済のこと。2050年までに全分野合計で脱炭素化80~95%を掲げる欧州にとって、「風」、「太陽光」が軌道に乗った今、さらなる脱炭素化に向け、海洋エネルギー開発は必須項目だ。四方を海に囲まれた日本も世界最大の排他的経済水域を持つ欧州「ブルー経済」の動向は多いに参考になるだろう。

(※全文:2327文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ