> コラム > 日本初!住民の手による地熱発電所がもたらした地域再生

日本初!住民の手による地熱発電所がもたらした地域再生

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地方の豊かな資源に着目し、「地域活性化」「地域還元」などとうたって地熱開発に進出する大企業が増えているが、温泉旅館など地域と開発事業者との間でもめる事例も増えている。熊本県の「わいた地熱発電所」は、日本初の地元の住民主導で作られた地熱発電所だ。年間6億円の売電収入を得て、地域に潤いをもたらしている。

大手開発を阻止し住民の手で理想の発電所を

熊本県阿蘇郡、小国町。ここに秘湯の温泉郷と知られる場所がある。30世帯からなる小さな村、わいた地区だ。

わいた地区では、地熱から発生する蒸気がもくもくと村の各所から立ち上る。

(※全文:2037文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.