> コラム > 住宅用ニーズが鍛えた技術力とネットワークで価値ある製品を(後編)

住宅用ニーズが鍛えた技術力とネットワークで価値ある製品を(後編)

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

高付加価値製品を国内4拠点で生産

(※ 前編はこちら

国内4拠点のうち、二色の浜工場は2004年から生産を開始。1万2,000坪を超える敷地内には3つの工場を有し、太陽電池の素子であるセルをはじめとした主要部材を生産してきた。2017年からはトヨタ自動車向けに車載用モジュールも生産している。

同社のモジュールを搭載するのは、トヨタが2017年2月に発売した「新型約95 億プリウスPHV」。同車種を含むプリウスは、2017年上半期の乗用車車名別販売台数(日本自動車販売協会連合会ほか、軽自動車を除く速報値)で1位に輝く人気ブランドである。

(※全文:2392文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.