> コラム > 20年間、発電事業を持続させるための要「遠隔監視/O&M」の選び方

20年間、発電事業を持続させるための要「遠隔監視/O&M」の選び方

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

固定価格買取制度の調達期間終了後の低廉な状況下でも収益性を保つ。安定した発電と発電設備の安全性を確保するために、適切に保守点検及び維持管理するための体制を整備し、実施することが求められる。

(※全文:1607文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ