> コラム > 製塩工程に新技術を投入し大幅な省エネを実現 ― 室戸海洋深層水

製塩工程に新技術を投入し大幅な省エネを実現 ― 室戸海洋深層水

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

海水から塩をつくるには多くのエネルギーを必要とする。室戸海洋深層水(高知県室戸市)は、様々な組織とネットワークを活用し、膜ろ過処理、ヒートポンプ式減圧濃縮装置の新技術を導入。従来より、76%もの大幅な省エネによって製塩を可能にした。

(※全文:2463文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ