> コラム > PVがけん引/再エネ発電の現状と展望(後編)

PVがけん引/再エネ発電の現状と展望(後編)

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

再生可能エネルギーの新たな使い方の促進

再生可能エネルギーの導入拡大は、自給エネルギーの確保、低炭素社会の実現等の観点から重要であるが、我が国の発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合は12.2%(水力を除くと3.2%)に留まる現状。

2030年のエネルギーミックスで示された再生可能エネルギーの導入水準(22~24%)を達成するには、電源の特性や導入実態を踏まえ、国民負担を低減しつつ、更なる導入拡大をしていくための取組が必要。

(※全文:2230文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ