環境先進企業、太陽光発電を自家消費型にシフト

遊休地や工場、倉庫の屋根を活用し、太陽光パネルの設置を進めるキユーピーグループ。新たに稼働した2カ所を加え、現在10カ所の発電設備が稼働、その年間発電量はグループ生産部門の電力使用量の約2%に相当する約4,500MWhとなる。キユーピーグループの再エネ推進の動きに注目する。

環境への取組みをグループ全体で

キユーピーグループでは、『生産から販売の全ての活動と商品で、環境への配慮に努めます』の環境基本方針のもと、グループ各社が目標を定め、環境保全活動に取組む。2016年度からの中期経営計画では『資源の有効活用』『地球温暖化の防止』『自然環境の保全』の3つを活動の軸としている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報