生ごみは有効利用の時代!企業からコーヒーかすを回収し家庭用燃料に

  • 印刷
  • 共有

食品廃棄物は世界的な問題だ。日本でも、食品由来の廃棄物は、事業系廃棄物が2,010万トン、家庭系廃棄物が832万トンにも上る。こうした、生ごみを有効利用する試みがヨーロッパで盛んだ。たとえば、生ごみからプラスチックを作る方法がスイスで実用化。今度は、コーヒーかすを利用するアイデアが、イギリスでテイクオフした。

1袋、約1,100円と手頃

バイオ・ビーン社 CEO アーサー・ケイ 氏
バイオ・ビーン社 CEO アーサー・ケイ氏
©bio-beanlimited.

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報