CO2削減に貢献し、しかも低価格、新エネルギー燃料 RPF

2017年7月18日、中国は世界貿易機関(WTO)に対し、プラスチックや紙など一般廃棄物の輸入停止を通告。日本では、行き場を失った廃プラスチック類を処理すべく、RPF化によるサーマルリサイクルに注目が集まっている。環境型純国産エネルギー源としてのRPFの可能性について、日本RPF工業会 事務局長・石谷吉昭氏に聞いた。

RPF1トン=重油700リットル

中国の廃棄物輸入規制により、特に廃プラスチックの処理において注目されるようになったRPF。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報