> コラム > 新電力営業のルール整備で国が動く 2019年1月の官公庁ニュース21件

新電力営業のルール整備で国が動く 2019年1月の官公庁ニュース21件

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電関連事業者に注目されたのは、FIT価格。委員長案は14円/kWhとなりました。 想定よりも、低く設定されていると感じた読者も少なくないでしょう。編集部で注目したのは、新電力に関する制度・ルールに関するニュース。大手電力会社の「取り戻し営業」についてや、送配電分離後の営業方針などもでました。

電力の小売自由化から約3年が経過し、スイッチングが徐々に進んできたことや、事業者による営業活動が積極的になっている証拠とも言えますが、トラブル・クレームが増加しているという報告も。消費者・ユーザーにとってメリットのあるサービスで勝負できることが望まれます。

(※全文:304文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.