> コラム > 高電圧対応のパワコン導入でシステムコスト削減を実現する

高電圧対応のパワコン導入でシステムコスト削減を実現する

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

メガソーラー発電プロジェクトのコスト低減や事業性向上へ、直流回路のさらなる高電圧化が全世界で進んでいる。国内のメガソーラーでも、直流1,500V対応のパワコン(PCS)を導入する設備が主流になっている。

(※全文:1683文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.