> コラム > 事業視点から見る、九州電力における出力制御の真実

事業視点から見る、九州電力における出力制御の真実

2018年10月、九州で行われた再エネの出力制御。九州に9件の太陽光発電所を持つカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人では、6物件が2回、3物件が1回、出力制御の対象となった。事業者側の視点で、今回の出力制御をどう捉えるのか、同社の資産運用会社であるカナディアン・ソーラー・アセットマネジメントの大竹喜久社長に話を聞いた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.