一時転用許可の「3年更新」、どういう手続が必要?

  • 印刷
  • 共有

発電事業と営農の組み合わせで、荒廃農地の活用など、地域活性にもつながるソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)

農地を発電事業にも使用するソーラーシェアリングでは農地の一時転用許可を申請する必要があり、定期的に更新しなければならない。この更新手続きについて、ソーラーシェアリングの実践者である馬上丈司氏に、実体験を踏まえて解説いただいた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報