> コラム > 一時転用許可の「3年更新」、どういう手続が必要?

一時転用許可の「3年更新」、どういう手続が必要?

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

発電事業と営農の組み合わせで、荒廃農地の活用など、地域活性にもつながるソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)

農地を発電事業にも使用するソーラーシェアリングでは農地の一時転用許可を申請する必要があり、定期的に更新しなければならない。この更新手続きについて、ソーラーシェアリングの実践者である馬上丈司氏に、実体験を踏まえて解説いただいた。

(※全文:2147文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.