> コラム > 廃プラ問題の解決策とは?AEPW国際フォーラムレポート(前編)

廃プラ問題の解決策とは?AEPW国際フォーラムレポート(前編)

廃棄プラスチック削減に向け、2019年1月に設立された企業アライアンス「廃棄プラスチックを無くす国際アライアンス(AEPW)」。日本では初となる国際フォーラムが7月22日に、東京で開かれた。

フォーラムでは、講演に加え、パネルディスカッションも開催。モデレーターにテクノロジー普及活動で途上国の課題を解決するコペルニクの共同創設者、CEOの中村俊裕氏を迎え、JICA地球環境部の伊藤民平氏、タイ国プラスチック協会副会長でASEANプラスチック産業連盟事務次官のコンサック・ドゥクブア氏、P&Gのチーフ・サステナビリティ・オフィサーのヴァージニー・ヘリアス氏、エコデザインや製品ライフサイクル設計を専門とする東京大学の梅田 靖教授が参加した。

このパネルディスカッションの様子を、前後編にわけてダイジェスト紹介する。前編は、廃棄プラスチック問題解決には何が必要なのか、また、そこで期待される日本の役割について。

(※全文:4018文字 画像:あり)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.