> コラム > IPCCが「土地関係特別報告書」を公表 土地対策が気候変動を改善

IPCCが「土地関係特別報告書」を公表 土地対策が気候変動を改善

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第50回総会が、2019年8月2日〜7日までの6日間にわたり、スイスのジュネーブで開催された。IPCC土地関係特別報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認されるとともに、報告書本編が受諾された。

報告書では、農業・林業・その他土地利用は、2007~2016年の世界全体の人為的活動に起因する正味のCO2排出量の約13%、メタンの約44%、一酸化二窒素(N2O)の約82%を占め、人為起源の温室効果ガス総排出量の約23%に相当すると指摘。世界の食料システムにおける食料の生産・製造の前後に行われる活動に関連する排出量が含まれた場合、その排出量は人為起源の正味の温室効果ガス総排出量の21~37%を占めると推定されると示した。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.