> コラム > ソニー、環境負荷ゼロ経営への道筋

ソニー、環境負荷ゼロ経営への道筋

2018年、RE100に加盟し、2040年度までに再エネ100%、2050年に環境負荷ゼロを目指すソニー。その背景と達成までの道筋をソニーの鶴田 健志氏が語った。

ソニーが環境負荷ゼロを目指す背景

1990年より環境活動に取り組むソニー。2010年からは、環境負荷ゼロを目指す環境計画「Road to Zero」を掲げる。2015年には科学に基づいた気候変動に関する目標設定(SBT)の認定を受け、2018年には日本の再エネ市場の拡大を牽引するため、RE100へ加盟している。

(※全文:1111文字 画像:あり)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.