> コラム > 国営発電企業SPIC、470兆Whの再エネを供給
沸騰 中国再エネビジネス

国営発電企業SPIC、470兆Whの再エネを供給

世界最大の太陽光発電市場、中国。政府の新設備導入抑制策の影響により、2019年度第3四半期までの累積PV設置量は16GWと市場はやや縮小気味だが、2020年の市場規模予測は40GWと依然として多くのビジネスチャンスが広がっている。沸騰する中国の再エネビジネスをシリーズで追う。第1回は、発電所のスマート化やハイブリッド発電など革新的な技術で攻勢をかける、世界最大規模の太陽光発電所を運営する総合エネルギー企業SPIC HHDCだ。

(※全文:2764文字 画像:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.