> コラム > 20年度のFIT価格は? 入札範囲の拡大も(2月の官公庁ニュース35件)

20年度のFIT価格は? 入札範囲の拡大も(2月の官公庁ニュース35件)

2020年度のFIT買取価格「委員長案」が公表されました。委員長案では、固定価格買取制度(FIT制度)における2020年度の事業用太陽光発電の調達価格(買取価格)を、10kW以上50kW未満を13円/kWh、50kW以上250kW未満を12/kWhと示しています。これらの調達価格は、2019年度末までに正式に決まりますが、例年は委員長案で決定しています。

来年度から制度がどう変わるのか。官公庁ニュースでご確認ください。

事業用太陽光の入札対象範囲「250kW以上」に

農水省の恵方巻きロス削減プロジェクト、イオンやセブン26社が参画

農林水産省 2020年01月21日

農林水産省は1月17日、恵方巻きのロス削減に取り組むプロジェクトに26社が参画すると発表した。各社は、予約販売や、当日のオペレーションやサイズ・メニュー構成の工夫などで、恵方巻きのロス削減に取り組む。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.