> コラム > 産廃業界団体の若手が取り組むSDGs「通常業務から社会貢献へ」

産廃業界団体の若手が取り組むSDGs「通常業務から社会貢献へ」

循環型経済、サーキュラーエコノミーという考え方が注目を集めている。こうした世界的な流れの中、全国産業廃棄物連合会は、2018年4月、全国産業資源循環連合会へと名称を変更した。産業廃棄物の適正処理と資源循環への取組みを推進し、地球環境保全に力を尽くす同連合会。青年部協議会・会長の沖川学氏に、その活動内容を聞いた。

業界自体がSDGs

産業廃棄物処理業の業界団体の若手メンバーで構成される、全国産業資源循環連合会 青年部協議会。

会長の沖川学氏は「私は常に“ごみ屋らしくない、ごみ屋”を目指すべきだと言っています」と話す。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.