> コラム > 「最終ゴールは自然エネルギー100%」 SBエナジーの挑戦に迫る

「最終ゴールは自然エネルギー100%」 SBエナジーの挑戦に迫る

最終ゴールは自然エネルギー100%

自然エネルギーの普及推進を目指し、2011年に設立されたSBエナジー。2016年に経済産業省のVPP(VirtualPower Plant:仮想発電所)実証実験の採択を受け、自然エネルギー利用率向上を目指し、実証実験を行ってきた。SBエナジーの取り組みと、ビジネスとしてのVPPの可能性を聞く。

024625-3

SBエナジー株式会社
戦略事業本部IoT事業部 部長
原田 慎也 氏

余剰電力の吸収が発想の原点

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.