日本初の100%再エネ電力による運行を実現した、小さな路面電車

東急は世田谷線への再エネ電力導入を皮切りに、省エネの積み重ねと再エネ電力の購入により、鉄道事業を中心に電力使用のCO₂排出総量の削減を目指す。さらにRE100加盟を宣言し、低炭素社会実現をリードする。

024626-2

2019年3月25日、東京急行電鉄世田谷線が再生可能エネルギー100%の電力による運行を開始した。CO₂排出量ゼロの再エネ電力による通年・全列車の運行は日本初の試みという。運行に使用する再エネ電力は東北電力グループが保有する水力・地熱発電所が発電する電力で、東急グループの新電力、東急パワーサプライが取り次いだ。再エネ電力による運行で、年間1,263t-CO₂、東京ドーム約0.5個分のCO₂排出量を削減できるという。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報