> コラム > 20年度補正予算案、経産省と環境省の事業概要とポイントとは?

20年度補正予算案、経産省と環境省の事業概要とポイントとは?

2020年度補正予算案が各省庁から公表された。柱は新型コロナウイルス感染症に関するもので、雇用の維持と事業の継続や、次の段階としての官民を挙げた経済活動の回復に予算が大きく配された。そのなかから、特に、経済産業省と環境省の施策概要を紹介する。

自家消費型太陽光発電の導入支援に50億円 経産省、環境省連携

注目は、自家消費型太陽光発電設備等の導入支援。予算額は50億円で、新型コロナウイルス感染症の影響により毀損したサプライチェーンの再編等が目的。生産拠点を国内回帰する企業等に対するもので、脱炭素化の推進や防災に資するオンサイトPPAモデル等によるものを想定している。

事業名

サプライチェーン改革・生産拠点の国内回帰も踏まえた脱炭素社会への転換支援事業(経済産業省連携事業)

予算額と事業スキーム

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.