> コラム > 丸井の共創サステナビリティ経営『地球と共存する選択肢を提供する』

丸井の共創サステナビリティ経営『地球と共存する選択肢を提供する』

ビジネスと環境への配慮、社会的課題の解決、ガバナンスへの取り組みが一体となった『共創サステナビリティ経営』を進める丸井グループ。2018年7月にはRE100に加盟、2019年には長期ビジョン『丸井グループビジョン2050』を策定し、本格的なサステナビリティ経営に舵を切る。

『地球と共存する選択肢』を提供

024938-2

丸井グループ
サステナビリティ部長 関崎陽子 氏(右)
サステナビリティ部 サステナビリティ担当 チーフリーダー 永井英男 氏(左)

1931年に家具の月賦商としてスタートし、現在は小売事業とフィンテック事業を展開する丸井グループ。小売事業では24店舗を展開し、年間入店客数は2億人強にのぼる。クレジットカードを中心としたフィンテック事業では、直近のエポスカード会員数が700万人を超える。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.